小さな会社でも対応していますか?

もちろんです。

 

当事務所は決算・会社設立を専門に扱っておりますので、ご利用頂いている関与先も起業間もない方が多くいらっしゃいます。

 

どのような会社もはじめは少人数からのスタートです。当事務所ではどのような規模の会社様でもご満足頂けるように、常にサービスの品質向上に努めております。

すぐに会社設立手続きを始めた場合、いつぐらいから事業を開始できますか?

すでに、会社の実印や印鑑証明書をご用意されている場合は最短で2,3日程度で登記を行うことが可能です。
登記後は事業を開始できますが、登記事項証明書(登記簿謄本)や印鑑証明書を取得できるのは登記後2日~1週間ぐらいですので、口座開設や実印を押印する契約などはそれからとなります。

会社設立費用とはどのような金額になりますか?

会社の設立費用は大きく分けて、最低限かかる実費費用と専門家への手数料になります。
この最低限かかる実費費用が株式会社の場合がエコノミーコース約20万円、合同会社の場合が約6万円となっております。他にもフルサポートコースもご用意しています。
弊社の場合、会社設立応援パックのご契約であれば会社設立の手数料は頂戴しておりませんので、
上記実費部分がそのまま会社設立費用になります。

個人事業のままか、会社を設立するか迷っていますがそのような相談も可能ですか?

はい、会社設立を迷われている段階からのご相談もお受けしております。場合によっては法人化をせずに、
そのまま個人事業を継続された方がメリットが多いという方もおられますので、そのような方には法人化をお勧めしないこともあります。
ですので、少しでも会社設立を迷われている方はお気軽にご相談ください。

税務調査の立会いはしてもらえますか?

はい、行っております。

 

<税務調査の立会いとは>
税務・会計の専門家である税理士が、調査現場に立ち会い、お客様の代わりに会計・税務処理の内容説明をしたり、根拠資料を収集して回答する業務を指します。当事務所では、税理士が税務調査の立会いに対応いたします。

 

税務調査では、調査官が経理担当者等から取引の詳細をヒアリングしたり、一定期間の帳簿書類を精査しながら税務処理の指摘事項を探していきます。

 

税務調査の結果(追徴課税される税額)は立会いをする税理士により大きく異なりますが、当事務所は当然ながら納税者の味方であり、納得のできない指摘事項に対してはお客様とともに徹底的に戦います。

 

弊社の場合、会社設立応援パックのご契約であれば会社設立の手数料は頂戴しておりませんので、上記実費部分がそのまま会社設立費用になります。

顧問契約の場合、どの程度訪問してくれるのですか?

お客様の状況とご希望によります。

 

創業したばかりで経理処理その他不安材料が多い場合は、毎月でも毎週でも訪問いたします。

 

事業などが安定してからは、数ヶ月に一回だけ訪問するというように、対応させて頂きます。

毎月お会いすることはできますか?

お客様によりよいサポートをご提供する前提として、お客様とのコミュニケーションを最重視しております。

 

そのため、特にお付き合いを頂いた一年目などは毎月以上にお会いすることもございます。

 

訪問回数と料金の関係もございますので一度ご相談下さい。

わからないことが急に起きたときに、どのような対応をしてもらえますか?

お電話でもメールでも結構ですのでご連絡を頂ければと思います。 メール、電話もしくは訪問をして対応させて頂きます。

平日の夜や土日は対応してもらえますか?

大丈夫です。

 

お客様の都合を優先させて頂きますので是非お気軽にご相談下さい。

税理士を選ぶポイントはありますか?

何を重要視するかによって選ぶポイントは変わってきます。

 

事務所が近いところにあるほうがよいのか、入力だけしてもらいできるだけ料金を抑えたいのか、経営上の相談にも乗ってほしいのか、人によって様々だと思います。それによって合った税理士を選ぶことが重要です。